スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Speaking力アップ秘伝3(きっかけ)

'経験' があれば誰にでも語る話題はある。'経験' のない人はいないから、みんな語れるようになるんだよ。でも、'経験' は思い出の中に埋まっているものだから 'きっかけ' がないとすぐには欲しい情報を引き出せない、つまり、思い出せないから語る材料があっても実際には使えないのが現状なんだよ。'経験' があっても語れないのはそういう理由からなんだ。'経験' を思い出す 'きっかけ' として「イメージ化」というステップを踏んでみると効果があるんだ。例えば、「一番面白かった本について話してください。」と言われたらどうする?本、本、本って唱えたって一番面白かった本のことは思い出せないね。まず、'いつ' か時を思い浮かべてみよう。「小学校時代」を思い出してみて。次に、そこにつながる '場所' を思い出して。「6年生の頃の教室や授業や校庭」など何でもかまわないよ。次に '人' を浮かべてみて。先生とかクラスメートとか、お父さんやお母さんとかをね。そうすると、「ああ、あの頃、シートン動物記を読んだ。」とか「夏休みの宿題でエジソンの伝記を読んで感想を書いた。」とか思い出すことができる場合が多いことがわかると思う。それが「一番面白かった本」じゃないかもしれないけど、何も言えないよりましでしょ。何か言うこと、そう、無言ではなく、何も言えないことは恥ずかしいことと思って、まず、思い浮かべたことから語り始めることが大切なんだ。その 'きっかけ' になるのが時や場所や人を思い浮かべる、つまり、「イメージ化」することなんだよ。これからは「イメージ化」が習慣になるようにいつも意識してみてね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

REX

Author:REX
REX KAMATA(蒲田)です。英語が大好きでアメリカの大学院で学び、アメリカの大学で5年間、帰国後日米研究機関の交渉役を経て日本の大学でも東大を含め順天堂大医学部大学院等での英語指導を行って早12年になります。海外の大学、大学院進学に必要なテスト対策指導も2011年で12年目に入ろうとしています。1月は小学生からそして中学生になってから海外の学校への進学のための英語学習の準備が始まる大切な年です。早いうちから志を立てて英語の準備を始めるみなさんのトレーナーとして英語力アップの「秘伝」を公開します。このブログは全国の小中学生の真の英語力アップを願う父親でもあり英語トレーナーでもあるREXがみんなに送る合格祈願メッセージです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。