スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Speaking力アップ秘伝17(案出し特訓練習12)

"P" は "Process(プロセス)" の "P" だよ。「プロセスエピソード」とは、どのようなステップを踏んでそうなったのかを順を追って整理してあげる方法だ。もう一度、最初からまとめてみるね。次の対話を見てみて。

質問:どんな言葉を勉強したい?
イメージ:すきなバスケを考え、NBAを思い出し、レブロンを考える
経験:テレビでレブロンのプレーを見た興奮を思い出す
答え:やっぱり、英語かな。[AREAの "A" (=Answer)]
理由:英語ができればレブロンと話せるし。[AREAの "R" (=Reason)]
感情:考えただけでワクワクする。[AREAの "E" (=Emotion)]
追加:あと、英語を勉強してアメリカでバスケしたいな。[AREAの "A" (=Addition)]
英釈[追加]:特に、アメリカの高校に留学できるといいな。[ABCDEの "A" (=Addition)]
英釈[分析]:アメリカの高校は3年制もあるけど4年制もあるんだって。[ABCDEの "D" (=Definition)]
英釈[因果]:アメリカの高校で勉強すればバスケもうまくなりそう。 [ABCDEの "C&E" (=Cause & Effect)]
英釈[思いつき]:ところで、どうやったらチームに入れるのかな? [ABCDEの "B" (=By the way)]
歴史エピソード:レブロンは小学校ではバスケで遊んでいただけだったらしい。中学からチームに入って、高校で頭        角を現してきて、卒業と同時にNBAのプロになったんだ。 [HELPの "H" (=History)]
具体例エピソード:2003年の中学の時は田舎の小さな中学でバスケをやっていたんだけど、高校3年の時にバスケの名門校で大活躍し、すぐにクリーブランド・キャバリアーズにドラフトで選ばれたんだ。[HELPの "E" (=Example)]
リストエピソード:高校生でNBAのドラフトに選ばれたのは、マイアミ・ヒートのドワイト・ハワードやロサンゼル         ス・レーカーズのコービー・ブライアントが代表的な選手だ。[HELPの "L" (=List)]

ここに、「プロセスエピソード」を足してみるね。

プロセスエピソード: レブロンのドラフトだけど、最初、家族とテーブルにつくでしょ。各チームの代表が名前の
          付いたカードを引くんだよ。そして、名前を見て、その名前を披露するんだ。そうすると、
          呼ばれた選手にスポットライトが当たって、たいがいお母さんやお父さんと抱き合って喜び
          を表すんだ。感動の瞬間だよ。[HELPの "P" (=Process)]


これでSpeaking力アップ秘伝の[HELP]が完成です。History/Example/List/Process の頭文字4つをまとめると[HELP]になります。次回は、Speaking力アップ秘伝をもう一度まとめてみるね。何だったか覚えている?

<Speaking力アップ秘伝>
-AREA
-ABCDE
-HELP

そして、新たな秘伝を教えてあげよう。お楽しみに!


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

REX

Author:REX
REX KAMATA(蒲田)です。英語が大好きでアメリカの大学院で学び、アメリカの大学で5年間、帰国後日米研究機関の交渉役を経て日本の大学でも東大を含め順天堂大医学部大学院等での英語指導を行って早12年になります。海外の大学、大学院進学に必要なテスト対策指導も2011年で12年目に入ろうとしています。1月は小学生からそして中学生になってから海外の学校への進学のための英語学習の準備が始まる大切な年です。早いうちから志を立てて英語の準備を始めるみなさんのトレーナーとして英語力アップの「秘伝」を公開します。このブログは全国の小中学生の真の英語力アップを願う父親でもあり英語トレーナーでもあるREXがみんなに送る合格祈願メッセージです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。