スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秘伝」を英語で整理

では、英語で実践だ。英語を見て、内容を日本語で考えてみて。

Q: Where would you like to go if you have a chance to study overseas?
A: I would definitely go to New York.
That's because I would like to study at Columbia University.
I feel excited just by thinking about it.
I could also enjoy a lot of musicals there in New York.
I am hoping to attend classes at Columbia Law School.
It is known for many practical law courses available.
The program would help me pass the New York bar exam.
By the way, what should I do to be accepted by Columbia?
I heard that my friend's dad had graduated from there ten years before.
I was told that he had been working for some movie stars as their lawyer in LA.
Also, taking care of Michael Jordan and Kobe Bryant now, I heard.
They say that he won some cases for Michael Jordan, and then, he has got more
clients like famous athletes all over, and that he has offices both in LA and New York.

ねっ、こんなに言えるようになるでしょう!「秘伝」の順通りである必要はないよ。「秘伝」を流れとして押さえておくことで、話題が尽きなくなるんだよ。「秘伝」は 'Cyclic'(繰り返し)だから、全体を、又はその一部を思い浮かべてつなげ続けることが成功の鉄則。あと、語ったものは、必ず '録音' しよう。そして、それを聞き直して簡単なミスを自分でチェックしてみよう。

では、次からは「秘伝」を使って '上手に話すコツ' を教えてあげるよ。

------------------------------------------------------------------------------------
[流れのヒント](復習)

質問: 留学はどこへ行きたいの?
イメージ:ニューヨークのタイムズ・スクエアを考え、自由の女神、そして高いビルを思い浮かべる
経験:映画で観たニューヨークの町を思い出す
答え:やっぱり、ニューヨークが一番です。[AREAの "A" (=Answer)]
理由:コロンビア大学で勉強したいんです。[AREAの "R" (=Reason)]
感情:考えただけでゾクゾクします。[AREAの "E" (=Emotion)]
追加:あと、ニューヨークに行けばたくさんミュージカルが楽しめるし。[AREAの "A" (=Addition)]
英釈[追加]:特に、法科大学院で勉強できるといいな。[ABCDEの "A" (=Addition)]
英釈[分析]:法科大学院はとても実践的なプログラムがあるんだって。[ABCDEの "D" (=Definition)]
英釈[因果]:そこで勉強したら早く司法試験に合格できそう。 [ABCDEの "C&E" (=Cause & Effect)]
英釈[思いつき]:ところで、どうやったらコロンビアに行けるの? [ABCDEの "B" (=By the way)]
歴史エピソード:友達のお父さんが10年前に卒業したって聞いたけど。[HELPの "H" (=History)]
具体例エピソード:今ロスで映画俳優の弁護士もしているらしい。[HELPの "E" (=Example)]
リストエピソード:マイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントの担当だって。[HELPの "L" (=List)]
プロセスエピソード:ジョーダンの裁判で勝って、それからプロ選手からたくさん依頼が来るようになって、
          今では、ロスやニューヨークにオフィスがあるらしいよ。[HELPの "P" (=Process)]
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

REX

Author:REX
REX KAMATA(蒲田)です。英語が大好きでアメリカの大学院で学び、アメリカの大学で5年間、帰国後日米研究機関の交渉役を経て日本の大学でも東大を含め順天堂大医学部大学院等での英語指導を行って早12年になります。海外の大学、大学院進学に必要なテスト対策指導も2011年で12年目に入ろうとしています。1月は小学生からそして中学生になってから海外の学校への進学のための英語学習の準備が始まる大切な年です。早いうちから志を立てて英語の準備を始めるみなさんのトレーナーとして英語力アップの「秘伝」を公開します。このブログは全国の小中学生の真の英語力アップを願う父親でもあり英語トレーナーでもあるREXがみんなに送る合格祈願メッセージです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。